FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*新MAPで~*

雨降ったり晴れたり洗濯物を外に干すのが怖いです!
遼嘉ですこんにちわ~(´・ω・`)

今日は先日やってきた新MAPラヘルのクエストを
載せたいとおもいます~(*´¬`*)


まだボス召還のクエストはやってないですが
いつかやりたいな(;`・ω・´)ボスコワイケド…

そんなわけで・・・

※クエストの内容など簡単にですが載せますので
  ネタバレなので見る方は注意してください。





~宝石の行方 クエスト~
必要条件
・Lv60以上

ラヘル街MAP左上の建物内の2階にいるビンセントに話しかけると
クエストが開始されます。
盗まれた宝石を探してほしいと言われるので
建物の外のローガンと中にいるマンソン
建物から少し左にいるジェニーに話しかけクエストを進めていきます。
次に街の商人に話を聞いていく事になるので
ラヘル街MAPの中央少し下暇そうな市場の商人
そこから少し下にいる退屈そうな市場の商人に話しかけます。
話すと氷の洞窟ダンジョンのあるMAPまで行く事になるので
ラヘルから東北北北へ行き
氷の洞窟ダンジョンの入り口前にいるNPCに話しかけます。
話がすべて終わるとラヘルの街のビンセントの元へ戻ります。
そうすると今度は子供を探す事になるので
ラヘル街MAP右下、湖の所にいる子供に話しかけます。
話しかけ進めると宝石を取り返す事が出来るので
取り返した状態でビンセントの元へ戻ります。
その後ジェニーに話しかけ再びビンセントの元へ戻ると
紫箱をもらうことが出来ます。
~宝石の行方 クエスト~
手紙を受け取るので、それをもって
ラヘル神殿MAPの神殿内右奥のジェド大神官に話しかけます。
※フレイア神殿クエストを進め、神殿内に入ることが出来れば会う事が可能です。
選択肢、「ビンセントの頼みで尋ねて来た」・「好奇心のため」
選択すると経験値がもらえます。
~宝石の行方 クエスト~経験値
これにて 宝石の行方クエスト は終了です。




~過去の罪 クエスト~
必要条件
・Lv60以上
・リヒタルゼン「友達クエスト」終了
必要アイテム
・s3ナイフ

ラヘル街MAP左下の建物内にいるカッティングシュエル
話しかけるとクエストが開始されます。
続いてラヘル街MAP右下(湖の左)の建物内にいる
センダルに話しかけます。
そのまま建物を出て、少し左上にいる少年に話しかけ
ラヘル街MAP左上のラセルレンに話しかけます。
そして再び、
カッティングシュエル → センダル → カッティングシュエル
話しかけていきます。
次にリヒタルゼンの中央のホテルへ行き
2階のダイガツの部屋(左下)へ行きます。
部屋を歩くと自動で会話が出るので
確認後ラヘル街へ戻りラセルレンに話しかけます。
その後MAP右下の湖の右下(お婆さんのいる上辺り)のふきだし
付近を歩くと自動で会話が出てきます。
確認後センダルに話しかけ、その部屋の棚にある本を調べます。
※「プライバシーは守らなければ」というようなメッセージがでます。
そのままカッティングシュエルの元へ行き、
ブルー 」と入力します。
次にラセルレンに話しかけ、「 リヒタルゼン 」・「 フレイヤの泉
と入力します。
会話後、ラヘル街MAP右下のお婆さんに話しかけ
センダルの元へ行き話しかけた後、
本を調べ、「ブルーの日記帳」を獲得します。
日記帳とs3ナイフを持った状態でカッティングシュエル
話しかけます。
更に話しかけ続けて、選択肢、
リヒタルゼン」・「ブルー」・「フレイヤの泉」 と
選択していきます。
それから同じ内容になるまでずっと話しかけます。(5回くらい?)
その後、MAP右下の湖のふきだし付近を歩くと自動会話がでます。
もう一度ふきだし付近を歩く事で経験値がもらえます。(計2回自動会話)
~過去の罪 クエスト~経験値
(Job経験値はこちらも無しです)
これにて 過去の罪クエスト は終了です。



以上これにてクエスト情報は終わりです(´ー`;)
結構疲れた・・・orz

ではでは~ヾ(*・ω・*)ノシ

スポンサーサイト

theme : ラグナロクオンライン
genre : オンラインゲーム

comment

Secret

公式サイト

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

RSSフィード

著作権について

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
 (C)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
 (C)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。